上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて前回の【ステータス編に】続き、今回は【装備編】です。
装備といっても種類が多いので今回は武器をみていきます。

今から始めるAgiプリ【武器編】

武器に限らず、装備は多種多様。しかも個人の趣味など大きくわかれるものです。
なので今回はある程度「実用性」に優れているものから見ていきましょう。

□クワドロプルシュルードロッド(雌盗蟲カード4枚刺し)
⇒Agi+4,Flee+4(+8),Matk+15%

今からAgiプリを目指すなら最初に作ってもいいと思う品。カードの値段自体捨て値名ことが多い
ので、作成の敷居は低い。しかしながらFleeが+8されるというのは効果が大きく、他の回避職に
劣る回避を得られるため作成難易度の割りに非常に使いやすい。


□クワドロプルスピリットロッド(オットーカード4枚刺し)
⇒Hit+40,Flee+12,アコ系装備時、悪魔形と不死形モンスターにCri+36,Matk+15%


上記のクワドロプルシュルードロッドの上位互換であり、現状プリ系が装備できるFlee増加の武器
としては最高峰。オットーcは鯖にもよるが値段もそれなりにするため、4枚刺しとなると作成難易度
はそれなりに高い。それでもシュルードロッドよりFleeが+4されている効果を考えると最終的には
こちらを装備したいとこである。たかが4%の差と考える人もいるが、仮に95%回避と90%回避できる
プリがいたとして、前者は20回に1回ダメージを負う確立だが後者は10回に1回の割合になる。
確立とはいえ倍の割合になり、尚且つ敵からくる攻撃の頻度を考えるとFleeの差は大きくなってくる。


□クワドロプルラッキロッド(ルナティックカード4枚刺し)
⇒Luk+4,Cri+4,完全回避+4,Matk+15%


この武器単体ではさほど目立った効果がないが、ヨーヨーcと組み合わせることで真価を見せる。
特にFleeがほとんど足りず、通常の回避に期待できない場合や沢山の敵に囲まれる場合などに
完全回避が有効だからである。通常回避の判定をするFleeは敵の数により「Fleeの減少」という
ものが発生してしまうが、完全回避は敵の数に影響されない。完全回避が10ある場合10%の確立
で確実に避けれるということになる(通常攻撃のみ。スキル攻撃はよけれない)
ルナティックcの値段も非常に安いことから作成難易度は低いほうになる。


□クワドロプルバイタルロッド(ファブルカード4枚刺し)
⇒Vit+4,HP+400,Matk+15%


少ないHPの増強、また+4ではあるがVit増加による状態異常耐性を狙える。
Fleeが95%に到達している場合やスタンを使ってくる敵などに有効。
いくらAgiで回避できるといっても5%は当たってしまうので、敵のスキル攻撃(SBなど)を耐える
ためなどHP増強の恩恵は少なくない。

□sなしサバイバルロッド(Dex)、sなしサバイバルロッド(Int)
⇒Dex+2,HP+300.Matk+15% ⇒Int+2,HP+300.Matk+15%


店売りでこの性能。とりあえず持つものがないならこれを買っといて損はない。
リヒタルゼンで販売しており、通常85,000、DC10で64,600で買える。
お手軽にHP増強でき、IntかDexも+2できるため使い勝手は非常に良いと言える。


□sサバイバルロッド(Dex)、sサバイバルロッド(Int)
⇒Dex+3,HP+400.MAtk+15% ⇒Int+3,HP+400,Matk+15%


上記のsなしサバイバルロッドの上位互換。しかしこちらは敵のDropのみとなっており
価格は高い。スロットが1つ空いたため、Dex型ならドロップスcでDex+1、Int型ならファブルcや
ネクロマンサーcでVitやIntといった風に長所を伸ばすようにすると良い。

□治癒の杖
⇒聖属性、Matk+15%、ヒール、サンクチュアリの回復量増加


アヌビスからDropする聖属性の杖。アヌビス狩りをする人が多いため産出も多く、値段はお手頃。
精錬値が1毎に回復量が1,5%UPし、小数点以下は切り捨てとなる。故に2の倍数の精錬にすると
無駄がない。1~9までは1毎に1,5%づつUPだが+10になると回復量は+17%になる。
ヒールの回復量が上がるということは、それだけヒールの回数が減ることになり、SPの節約にも
なってくる。Agiに多くのステをつぎ込む分、ヒールの回復量が少ないという人にはおすすめである。


さて色々装備を見てきましたが、Agiプリの基本装備はFleeが上がるQシュルードロッドか
Qスピリットロッドでしょう。しかしFleeが足りているor非常に足りない場合も狩りによっては
でてくるでしょう。PT狩りで壁をしないのに常時回避杖をつけているのも得策と言えません。
Agi型とはいえ、その場その場での臨機応変な対応ができるように、回避装備だけではなく
他の支援用装備も用意しておくと、狩りの幅も広がりより一層楽しめると思います!( ´∀`)bグッ!

そんなわけで次回は「今から始めるAgiプリ【防具編】」あたりでいきます。
「今から始めるAgiプリ」ってなんか長いな・・略したら「今プリ」?
・・・・Agi関係なくなってました\(^o^)/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。