上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども、くぅべるです(´・ω・`)
本日1月29日はRO公式にて「BOSSの部屋 ON AIR」が配信されてます。

たまたま休みだったのでこの記事はその動画を見つつ書いてみることにしましょう!


■経験値テーブルと職業間格差について
一部の職業で経験値が異常に稼ぎやすい環境になっているのではないか

・稼ぎすぎてる職業を下げるのではなく、少ない職業を上げる方向へ
・経験値テーブルも手を加えら得るなら加えたい

■優先度と修正順序が異なる点について
→修正重要度SSの項目よりもSやAが先に修正されるのか?

・韓国や他国などから報告された修正も考慮されるので直りやすい物などから順次修正される
・不具合は早く修正できるが、仕様変更は時間がかかる

重量が100%超えてしまう状況(ドラゴン等がいなくなる場合)で、グルーミーを食らうとアイテムが消えるバグ
→来週のメンテで修正予定

■スタータスおよびスキルリセットについて
→スキル仕様変更後にスキルリセットのみで、ステータスリセットがないのはなぜか?
またリセット回数が累積しないのはなぜか?

・スキル変更ではステータスリセットは基本入らない
・スキル修正後著しく使用感が変わるステータスなどの場合はステータスリセットが入る場合がある
(使用禁止時と使用再開の2回でリセットするのではなく、ステータスは使用再開時に使えるようにしたい)
・スキル仕様変更後に問題がある人はスキルリセットを使い、問題がない人は使わないでいいので
累積は今後もない

■テストサーバーの設置目的について
→日本でテストサーバーを常設しないのか?

・テストサーバーは参加した人と不参加の人で格差が生まれるので今後もテストサーバーは基本設置しない
・大規模アップデートの場合などはテストサーバーを設置する可能性がある

■毒薬の瓶について
→毒薬の瓶の入手コストが高い

・カルボーディルのドロップ率アップを2月8日に実施予定
【対象モンスター】
ポイズンスポア
リムーバ
ダークピンギキュラ
リンコ

・一番手に入れやすい(基準的にみて)のはポイズンスポア(体感で1.5倍近く)
・基本的に難易度が高い方がドロップ率が高い

■MATKの問題解決に向けて
→MATKを補強する装備を作成中だが、装備を作るのに時間はかかる

・MATK増加ポーションを作成・検証中
・装備を実装するまで一時的に導入(装備が実装後はポーションは配置)
・スピポなどと同じ感覚でZenyで購入できる形に
・2月中に実装予定

■養子キャラクターのステータスについて
→ステータスを80以上に振った養子のステータスが、80になってしまっている

・表示は80でも振っていたステータス分の能力は発揮されている
・ステータス上限が108へ変更
・養子の3次職を第2四半期に実装



ユーザーからの質問コーナー

■日本のMATKは独自仕様になっているが最低MATKが低すぎるのはなぜか?
→MATKにぶれがあるのは基本仕様

・WLが一番魔法が強い職業という概念があり、WLにはリコグがあるので問題はないと考える
・他職については上記のMATK増加ポーションや今後の装備で対応していく

■もともとヒールを常用できないモンクやクルセはヒール量減少に伴い取る必要がないのではないか?
→MATK依存であるため装備やアイテムで補填してもらうしかない


■ガーデンにいける人といけない人で別ゲーになっている
→いけない人のため用のアップデートなどを今後実装していきたい考え

・レベルが上がらない層と高い層を一緒に遊べる環境を作っていきたい(配置変更など)

■狩場が特定のフィールドに集まりすぎている。また従来のモンスターの経験値変更は?
→配置変更後必ずしも効率が上がるとは限らないと考える

・今後の配置変更はフットワークを軽く、頻度を高く実装していきたい
・従来のモンスターも随時再調整していく考え

■ソロ有利からPT有利の調整ということだったが、ウアーアクセなどの回復アイテム有利なのはなぜか?
→基本異世界はソロ向き狩場というのが現状

・PT狩場は既存の狩場を再調整することで有利にしていく
・プリの有用性が高い狩場を今後配置変更などで対応していきたい
・プリのヒールについてもMATKポーションなどで対応していく
・回復アイテムのバランスは均等になるよう調整

■3次職アップデートを達成できていると思うか?
→調整が入ってない部分もあり、まだまだできていない

■スキルによる狩り方の格差で経験値に隔たりがありすぎるのではないか
→効率を出している反面、装備などの敷居などもあるので今後対応していくしかない

■禁止されたスキルが開放された場合リセットはどちらがくるのか?
→ステータスの影響度が低い場合はステータスリセットはない

このリセットの所でガンホー陣がわりとぐだぐだになってます(・∀・)
質問もいまいちわかりにくかったですかねぇ。

■ロイヤルガード\(^o^)/オワタなんですがどうしたら?
→RGは防御に特化した職なのでPTで遊んでほしい。また他のスキルもまだ強いですよ

・止めてるスキルはなるべくはやくなおしたいと考えています

■MATKポーションをずっと置くことはできないのか?
→ポーションはMATKを一律上げてしまい、装備が実装された後だとバランスが崩れてしまうので
置き続けることはないかもしれない。実装後様子をみてもしかしたら残すかもしれない

・購入後に廃止された場合は、Zenyと交換してくれるNPCなどで対応する
・全ての職業でポーションの効果を出るようにする
・WLが使うと半端ないので置き続けるのは問題がある

■EDPの必要アイテムが多すぎるのでカルボだけドロップ率あげても意味がないのでは?
→カルボドロップ率を上げるだけではなく、今後も他の緩和を考える

・材料を手に入れやすくしていきたい
・カルボ入手しやすくなって緩和されると思う(キリッ

■システム変更前のに手を加えたほうが問題が少なかったのではないか?
→システムに限界があたのでリニューアルをするしかなかった

・DEFやMDEFが100になることでダメージを受けないなどのシステムをどうにかしたかった
・MATK計算式が以前のままだと耐えれる職がなくなってしまう

■EDPは現状他の職に比べて弱いんじゃないすか?
→EDPは一部スキルについてはリニューアル時には下がったが、素殴り時などは問題ない

・威力は今後も同じで、入手のしやすさを今後調整していく

■既存の宝剣とかゴミになっちゃうんじゃないすか!?
→ポーションで増加します!でも廃止されたらだめになります!アップデートはそういうものです!!

・オンラインゲームなので廃れる装備はあります
・宝剣にMATKをつけるとかは今後の対応で

■韓国からのEDP作成時におけるカルボーディルの削除案について
→日本でこういう提案は受けてません(キリッ

■毒瓶はルーンとかより手間がかかりすぎます
→効果が高すぎるので常用できるという方向ではなく、ピンチ時に使うなどの方向で

■最低MATKが高MATK装備をつけるとひどくなるんですけど
→今後の装備やポーションで対応していきたい

■プリよりWLのがヒール量高いんですけど
→WLの装備とMATKが高いため量が多くみえるが、実用性としてはプリのが上です

・回復アイテム>ヒールな現状を今後どうにかしていきたい

■デワタアップデートでオーバー精錬について
→発表できる時期になったら発表しますん

■毒瓶の材料をつおいモンスターが落とすようにしたらどうっすか!?
→今後のアップデートでそういったアイテムを落とす敵がでるかもしれない

■ガーデンの問題は他プレイヤーからの妨害が多いんですが?
→プレイヤー間での問題はプレイヤー同士で解決してほしい

・WEBヘルプデスクに投稿してもらい対応する

■異世界のブラゴの経験値は見合ってないんじゃないでしょうか?
→調査した結果を元に再調整などを考えていく

・2月中にはそういった修正を考えていく

■ニーズヘッグの影のスキンオブシャドウのドロップ率が他国より低いのはなぜか?
→kROと日本は同じ確立です。iROはちょっとわかりません

■新MATK装備を出すことで既存の装備の価値は下がるのでは?またこれらの救済は?
→現状既存装備でも使えないことはないが、必要なものは底上げなども考える

・基本オンラインゲームなのでアップデートで装備を変えていくのは当人の自由
・特殊効果がある装備などDEFがリニューアル前の数値になっているが、修正していく予定

■毒瓶をNPCから買えるようになりませんか?
→なりません(キリッ 基本作成です

■MATKをあげる新装備はパッケに入るんでしょうか?
→修正するアイテムに関してはゲーム内で入手できるようにしていく

■ステータスリセットが必ずくるという明言はできますか?
→スキル変更のたびにするわけではないが、ステータスリセットは必要だと考える

■RGのOBが使えないので防御特化にしたんですが、リセットしたのは問題だったのか
→大きな修正が入った場合はステ、スキルリセットは必ずはいる

・バランス調整などが入った場合にもスキルリセットは入る
・OB戻ったらリセットでまた攻撃特化などにできると考える




ヒール回復量の補足

■殴りプリやモンクなどのヒールについて
→回復量固定だったのが問題だったため、MATK依存にしている。ヒール量を上げたい場合はIntを
振ってもらうしかない

スキンオブシャドウの補足

■現在のドロップ率はkROと同じ
→以前はドロップ率を絞っていたが、リニューアル時にkROと同じにしました(キリッ

ドロップ率の修正は企画→修正の流れで約1ヶ月程度はかかる。
基本修正を行う際はいちいちkROにお伺いを立てなくてはいけない上に
他国のROからの修正もあるので日本だけ早く行うことはできない。
なので、修正を早く行いたくてもそういう状況背景があるのを理解してほしい。




そんなわけでリアルタイムで2時間ほど見つつ、箇条書きしていきましたが
いやーROユーザーの興味はMATKと毒瓶ばっかなのかというぐらい質問多いですな。

聞きながら書いてたので所々抜けてる所や、意味を履き違えてるなどあるかもしれませんが
そこらへんは後々また直します。・゚・(ノД`)・゚・。

ともあれ出演者の飯野平さん、中村聡伸さん、山本兼寛さんお疲れ様でした。
内容的にはこれで説明になってるのか?という部分も多かったですが
これがユーザーと公式の温度差というか溝なんでしょう。

まぁBOSSの部屋と銘打ってのにマイクが2本しかなく、BOSSの飯野さんが殆ど喋れてなかった!
今度はちゃんとマイクを人数分用意してくださいねガンホーさん。

↓毒瓶ェ・・・でもEDPしやすくなると珍さの効率がトップになりそうだ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。