上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.15 私は無事です
こんばんは。くぅべるです。
とりあえず私はなんとか生きてます。

11日に起こった未曾有の大地震により、私の住んでいる茨城県の方でもかなりの被害がでました。

地震発生時、私は丁度お昼を食べていたんですが茨城は他の地域に比べ
比較的地震が多い地方でして、いつものように少し揺れて収まるだろうと軽い気持ちだったわけです。

しかし地震が1分を超え、さらに大きくなるにつれ揺れが今まで体感した事のない領域になり
気づくと回りでは棚は倒れ、蛍光灯が落ちてくる状態。

2階建ての建物の1階にいたため、建物が崩れた場合生き埋めになる可能性もあったので
すぐさま外に非難。

揺れがなんとか収まりようやく一息つけた頃、周りを見渡すとそこには昨日までみていた
世界とはあまりにもかけ離れた光景が眼に広がっていました。

家屋が倒壊し、地面が陥没し、街灯が折れ曲がり、車が転倒。
正直こんな光景テレビかフィクションでしか見たことがなかった私達は
ただただ立ち尽くす事しかできません。

周りでは火事が起きているのか消防車がせわしなく動き、あまりにも地震の衝撃が大きかったのか
パニック障害を起こす方もいらっしゃいました。

今までテレビで被災地の映像などを見ても「大変だなぁ」ぐらいでしか認識できなかった自分の愚かさと
危機管理能力の低さに打ちのめされた気分です。

地震発生後からの停電と断水はその後3日ほど続きました。

そんな中友人から貰ったメールや電話にはどれだけ励まされたかわかりません。

今では余震の脅威がまだあるものの、こうして電気や水も回復しPCをつける事ができる程度には
回復しています。

そして何より電気が回復しmessengerを繋いだ瞬間、沢山の友人に声をかけて貰った瞬間。

チャットでは軽い言葉を言いつつも、涙が止まりませんでした。


たかがゲーム。されどゲーム。


今まで自分なりにがんばって、でも他人から見ればちっぽけで
だけど私が今までしてきた事は全部無駄ではなかったと、友人達に救われました。

だから

ありがとう。

幾千幾万の言葉を重ねるより、このひとつの言葉を私は伝えたい。

だからこそみんなで笑って過ごせる日々を
いつか必ずくる「終わり」の日までより一層大事にしていきたいと思う。


そして宮城県を筆頭に、東北地方の方々の無事を祈る事ぐらいしか今の私にはできませんが
どうか被災された方々が安心して眠れる日が早く来ることを切に願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。