上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.24 その後
今回もまたまたROと関係ない話になっちゃいますがご了承下さいませ。

前回の記事からまただいぶ間が空いてしまいましたが、何かがあったというわけでもなく
いたって平穏な日々を過ごしております。

震災からまもなく2週間が過ぎようとしているわけですが、私の住んでいる方でもだいぶ
店が復旧したり、コンビニに商品が入荷してくるようにはなりました。

しかしライフラインが復旧しても震災直後から続く「余震」だけは
ほぼ毎日起こっています。

最近では茨城県沖での地震も何度もあり、震度5クラスの余震が頻繁にくるため
正直寝ている時も少しでも揺れると目が覚めてしまうんですね。

人間一番怖いのは「慣れ」だそうで、余震を何度も受けているうちに体が慣れてしまい
そのまま大震災時にも行動が遅れてしまう。というのが一番怖いです。

そしてもうひとつは原発の問題。

茨城県も放射能濃度が例年の100倍程度に上がっているとかで、人体に影響はないと言われるものの
不安になってくるのが人の心理。

こういった不安を煽る出来事が多いためか、近場のガソリンスタンドなどでは10リットルの
ガソリンをいれるのに2時間以上列に並ぶなど平時から考えれば異常な自体ばかり起きてます。

過度の買い貯めなどは混乱を煽るだけなので、できるだけ控えるようにしなくてはなりませんね。

最近は連日テレビで被災地や原発が取り上げられています。
そんな中、避難所を取材したテレビが東電の関係者が避難した人達に
ひたすら謝罪して回ってる映像があったんですが
罵詈雑言の嵐、そしてただひたすらな冷ややかな目で見るなど被害を受けた人からすれば
当然だと言わん東電関係者を糾弾してました。

しかし少し落ち着いて考えてほしい。

震災が起こって停電して、水がでなくなって、原発が動かなくなって。
それを直しに行ってる人達がいることを。

震災後毎日徹夜で作業して、被災した家族にも連絡も取れず
ただひたすらに復旧作業をしている人達がいることを。
私達が家で「いつになっても復旧しない」とぼやいてるその瞬間も作業している人達が
いることを忘れてはいけない。

震災したのは何も自分だけじゃない。
だからこそ私は今自分に出来る事をして、明日に繋げて行くことが大事だと考えます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。